FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往年のMTB

雪入のハイキングコースの距離を測ろうと思って、往年のMTBを引っ張り出して整備しました。
これにサイクルコンピューターをつけてハイキングコースを走れば、概ねの距離が測れるので(^_^)
雪入山のハイキングコースはネイチャーセンターにコース地図が置いてあるのですが、距離までは書いていないためハイカーの方々が歩く目安として距離を測りたいなと思っていたのです。

IMG_7585_R.jpg


なお雪入山のハイキングコースの中にはMTB走行不可のコースもありますし、走行可(というか黙認?)なハイキングコース内ではあくまでも歩行者たるハイカーが優先となりますので、MTBer(マウンテンバイカー)の皆さんには節度ある走行で怪我のないようお楽しみください。(^_^)
スポンサーサイト

雪の雪入

気象庁の発表によると13年ぶりの大雪だったそうです。
当然本業は休みなので……ていうか、日曜日でした。
自宅前は30cmの積雪でした。そして県道も同じ積雪量で除雪もされていませんでしたが、私の車は四駆の軽トラでスタッドレスを履いた無敵仕様(?)ですのでカメラを携えて雪入山に向かったわけです。

IMG_4280_R.jpg

上佐谷辺りからの雪入山。なかなかの山でしょ(^_^)

上佐谷林道からネイチャーセンターへ向かうのですが、山だけあって平地よりも雪が深く、いかなスタッドレスを履いた四駆の軽トラといえどもハンドルを取られます。まあタイヤ径が絶対的に小さいってのと軽さによるトラクション不足なんですけどね。

かぶとむしコースの入り口に軽トラを停めて、カメラを抱えて藤見の滝へ向かいました。
IMG_4285_R.jpg IMG_4286_R.jpg
雪深い( ̄□ ̄;)!!防寒靴がずっぽりと埋まってしまいます。
かぶとむしコースから藤見の滝へ向かうと、想像通り……いや、想像以上に雪が(゜Д゜)
IMG_4289_R.jpg IMG_4294_R.jpg
あまりにも雪がすごくて滝だかなんだかわかりませんね(´・ω・`)
滝周辺ではウラジロガシや杉の枝や幹が雪の重みで折れて倒れ、えらいこっちゃになってました。
雪が溶けたらまた枝打ちや伐採をしないとせっかく作ったコースが歩けません。ていうか、ハイキングコースも一通り点検する必要があります(´д`)

IMG_4308_R.jpg
七曲りから見た藤見の滝前の道路。先日の整備動画と見比べて見てください。

撮影を終えて軽トラに戻る道すがら、害獣(猪)駆除の猟友会のかたとすれ違いました。この大雪だと猪も足を取られて逃げ足が遅くなるのだそうです。……荷台には立派な猪が(゜Д゜)

ネイチャーセンターへ向かうと所長が出勤してきていて、雪かきを……一人でやるのは無理。
他の職員さんは、今日は利用客もいない……というより登ってこられないだろうとのことで、所長が市役所に掛け合ってお休みにしたそうで、とりあえず二人でできることを……まあ雪かきですが……をちょっとだけやってみました。
IMG_4310_R.jpg IMG_4322_R.jpg
角スコップがすっぽり埋まる=40cmはあるというわけで(´・ω・`)
雪かきしきれるはずもなく、いつの間にか……
IMG_4325_R.jpg
かまくら作っちゃいました(^_^;

しばらくの間は舗装林道もハイキングコースも積雪と凍結の恐れがありますので、来られる方はご安全に(^_^)ノ
IMG_4319_R.jpg

4分48秒で見る藤見の滝周辺整備

第2回雪入探険隊2日目は、藤見の滝入り口周辺の整備です。
所長が借りてきた刈り払い機・チェーンソーで道路沿いに野放図に生えた竹のジャングルを切り拓き、最終兵器(?)のチッパーで細かいチップにしていく、という作業です。

写真を撮る間も惜しんで作業していたので、撮影はrecoloに任せっぱなし(^_^;
では、午前中の部をご覧ください。(@10s・10f/s)
[広告] VPS

生憎の小雨交じりでしたが、ネイチャーセンターの所長と副所長、そして雪入友の会の久保田会長にもお手伝いいただき、総勢11人での作業でした。

午後からは晴れ間が広がり、やや汗ばむ陽気の中での作業でした。(@10s・5f/s)
[広告] VPS

それにしても、これだけの人数でかかれば竹藪もあっという間に駆逐できてしまう…のはよいのですが、チッパーが間に合わないのです(*_*)

ともあれ藤見の滝までは到達できませんでしたが、入り口周辺は驚くほど明るくきれいになりました(^_^)

第2回雪入探険隊初日・山桜ウォークコース研修と命名桜看板設置

昨日recoloで撮影した動画をアップしましたが、あらためて山桜ウォークのコース下見と命名桜看板設置の模様です。

8時30分という早い時間に招集をかけた……のは所長なんですが、探険隊への連絡はがきの差出人は私になってました。しかもそれが私にも届いてました(o・д・)
で、所長自身が「8時30分に集合だっけ?」と(^_^;

余談はともかく8名の隊員が集まり、副所長を含めた9人で、4月12日に開催される山桜ウォークのコースを下見がてら命名桜の看板を設置しに出発しました。
今年のコースは去年と逆回りで、雪入ネイチャーセンターから青年の家へ向かい、眺望コース・剣ヶ峰・あきば峠・銀名水コース・森林コース・三ツ石森林公園・ネイチャーセンターの順に回るコースです。

ネイチャーセンターを出発し、桜沢源流から途中拾光寺観音に寄りました。
IMG_4202_R.jpg
拾光寺観音の前には桜の大樹が4本もあり、今年はここも回ろうかと考えています。
IMG_4205_R.jpg

青年の家へ向かい、竜ヶ峯を経て眺望コースへ。このコースの途中には命名桜の一本、弁天桜があります。その名の通りちょっと色っぽい桜です(^_^;
IMG_4208_R.jpg

弁天桜の近くにある大きな樅の木。眺望コースをハイキングされる方は是非ご覧ください。
IMG_4210_R.jpg

さらにコースからちょっと入ったところで見つけた桜の巨木です。急な斜面の途中とさらにその上の稜線沿いに見つけたこの桜は、幹回りが3m以上あり、樹齢数百年( ̄□ ̄;)!!
IMG_4213_R.jpg IMG_4218_R.jpg
国定公園内の保護林なので一般の方の立ち入りは禁じられているのですが、コースからも見られます。
「『五百年桜の森』と名付けよう」と言ったら、「いっそ『千年桜の森』にしよう」と。初音ミクですか?

さらにコースを進み、剣ヶ峰へ向かう階段の途中にある2本目の命名桜、雪入翁桜の看板設置です。
IMG_4222_R.jpg


あちこち探険しながら歩いていたので剣ヶ峰に到着したのはお昼過ぎ。ここでお昼にしました。
剣ヶ峰からの眺めです。樹木を伐採したので眺望が良くなりました(^_^)
IMG_4229_R.jpg

昼食後、あきば峠からいったん林道を下り、銀命水へ。ここには3本目の命名桜、銀命桜があります。
IMG_4235_R.jpg
有名(?)な金命水の方には特筆すべき桜がないので残念なのですが。

さて、看板を設置ということで隊員には看板を立てるための杭を持って歩いてもらっていたのですが、実は桜の根元には昨年立てた杭がそのまま残っておりまして、せっかく持ってきた杭をそのまま持ち帰るのも癪なので、あきば峠に『筑波山ビューポイント』の看板用に一本、銀命水コースと石噛桜コースの分岐に案内板をと、建ててまいりました(^_^;
IMG_4241_R.jpg

銀命水コースから浅間山入り口へと向かい、浅間山には登らずに森林コースへ。山桜ウォークでも登りませんし(^_^;
そして森林コース途中にある本日最後の命名桜、美肌桜の看板を設置して任務終了。
IMG_4245_R.jpg

美肌桜の前で全員そろっての記念撮影……隊長は写ってませんが( ̄。 ̄;)
IMG_4248_R.jpg

この後は三ツ石森林公園まで下り、途中先日開発した藤見の滝稜線コースを歩いてネイチャーセンターへと戻りました。

ところで今日歩いたコース、私自身は何度も歩いて慣れた道…なんですが、少々体調を崩しておりまして食事がとれず、朝昼共に菓子パン一個でした。
おかげで三ツ石森林公園へ着く頃には体が燃料切れを起こしたのか足が攣りまして、幸い自販機でコーラを買って炭水化物と糖分を補給できたわけですが、ハイキングをされる方は食事と水分補給はしっかりしましょうね。

忙しい人のための2分2秒でわかる雪入山?

[広告] VPS

今日は雪入探険隊第2回1日目でした。
4月12日に開催される第2回山桜ウォークのコース下見を兼ね、去年募集した命名桜の看板取り付け作業をしてきました。
その様子をrecoloで撮影したんですが、スタートから眺望コースまでの間、スイッチを入れ忘れていたようです。

というわけで、眺望コースからネイチャーセンターまでの間を撮影した分のみです。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。