FC2ブログ

山桜ウォークコース計測

4月12日に開催される雪入山桜ウォークで使われるコースを計測してきました。
本当はもっと早く実施したかったのですが、雪やら年度末進行やらで延び延びに延びて……(´・ω・`)
で、朝っぱら早くからちょいと仕事を片付けてきてMTBを車に積んで雪入に出かけようとしたら、肝心のサイクロコンピュータが死んでるっぽく((((;゜Д゜)))))))
予定を変更して土浦駅前にある、以前レースやら練習会やらでお世話になった自転車ショップカワサキ乗物デパートさんに向かい、新しいサイクロコンピュータを買って、ようやく雪入に向かったのがお昼前(^_^;
コンビニで買ったおにぎり二個を昼飯にして、久しぶりにレーサージャージとレーサーパンツを履いてのスタートです。

ただ、計測といってもそこはやはりMTB走行不可のコースへの乗り入れですから、ハイキング客への配慮は必要です。
なのでネイチャーセンターのスタッフウィンドブレーカーを着て腕章をつけてコースへ乗り入れたのですが、これが蒸れるのです(>.<)
通常着ている分には風除けとして良いのですが、自転車をこぐとなると汗が蒸れて……。
というのはおいといて、ネイチャーセンターからまずは青年の家へ向かったのですが、舗装路はともかく、未舗装路は登りも下りもかなりの箇所で押し歩き。
登りはともかく下りまで? と思われるかもしれませんが、MTBといいつつ履いていたタイヤは舗装路向けの
IMG_7604_R.jpgこんなタイヤ(´д`)
落ち葉で滑り泥で滑り砂利で滑り、登りで踏めば空回り、下りでブレーキかければ横滑り、とまあ、全く路面に食いついてくれません。
まあ、ハイキング客への配慮もあって時速10~15kmくらいしか出せないからこれでもなんとかなったんですけど。
眺望コースから剣ヶ峰へ向かうとハイキングのお客さんがおり、この山はいい山だと雪入山を褒めていただきました。
付近の筑波山や宝篋山の現状についてお話をしたり、浅間山や雪入のコースを説明したりしてからあきば峠へ。
IMG_7603_R.jpg IMG_7605_R.jpg 
IMG_7606_R.jpg IMG_7607_R.jpg
役目上とかいいつつ楽しんでいるのも事実です(^_^;

あきば峠の舗装林道へおりる直前、なにやら爆音が近づいてきたな~と思っていたら、ハイキングコースにオフロードバイクが登ってきまして( ̄□ ̄;)!!
MTBでさえ公式には走行不可のコースにオートバイかよっ!(*`Д´*)
もちろんその場で引き返すよう注意しましたが、それにしてもよくあきば峠からの細くて急な山道をあれで登ってきたもんだ……と思いながらも自分も昔モトクロスをやっていたのでわからんでもないと……いやいや常識は守りましょう。

あきば峠の舗装林道を渡って浅間山まで行きたいのが人情ですが、山桜ウォークのコースはここで一度銀命水まで林道青木葉線を下ります。
そして銀命水から銀命水コースを再び登り、石噛桜コースへ出て浅間山下分岐まで登るコースレイアウトとなっています。
ていうか、また登り(´д`)なんていうインターバルトレーニングですかこれ……。
IMG_7609_R.jpg

浅間山下分岐から三ツ石森林公園へと向かい、ネイチャーセンターへ戻りましたが、2時間ほどかかりました。
ていうか、ネイチャーセンターへ登るインターロッキング舗装の激坂がかなりきつかったんですけど(*_*)

事務所でお茶を頂いていると、外から戻ってきた所長が「里コースも測ってきてよ」と(*_*)
買ってきておいたパンでエネルギー補給をしてから今度は峯コースを集落へと下っていきます。
今度のコースは峯コース以外全て舗装路なので、走るのに問題はないのですが、問題はほとんどが登りなんです。
十五社神社からいぼた神社へ向かい、そこから三ツ石林道へ。

あとは三ツ石分岐までひたすら登り……といっても距離は短いですけどね、自転車レースをやっていた時から何年経ってるんだって話で峠道を登るなんて何年ぶりかって話ですよ(@@;)
ともあれ45分ほどでネイチャーセンターへ……って、またネイチャーセンター前のインターロッキング激坂を登るわけで……_| ̄|○

とりあえず今目の前で見ているJSPORTSのティレーノ~アドリアティコ第4ステージ(山岳ステージ)ではたった今コンタドールが勝ったわけですが、登りは良いですね。いや、関係ないですけど、はい。ていうかサイクルロードレースに興味のない方にはなんのことだか訳わからない話ですが、自転車で(ランでもでしょうけど)峠を登ると怪しい脳汁というかアドレナリンが噴き出てくるのです、はい。

というわけで、今後も引き続き各コースの距離計測を行っていく予定です。

なお、雪入山に限らず山道の多くは原則として自転車の乗り入れは禁止されています。
とはいえ全面的に乗り入れを防ぐのは不可能なので、黙認されているのが現状です。
MTBで走れるフィールドとして残せるのか、あるいは完全に締め出されてしまうのか、それはひとえにマウンテンバイカー一人一人のモラルとマナーにかかっているといっても過言ではありません。

コース上では歩行者を優先してください。
すれ違うときは必ず一時停止をしてください。
追い抜くときは挨拶をして徐行してください。
トレールが傷むような走りはしないでください。
木道・丸太階段では必ず下車して木道や丸太階段を傷めないようにしてください。


なお、雪入探険隊に入隊してもらえれば、今回のように「公認」でコースを走ることもできます。
ただし山作業も付随しますが( ̄ー ̄)


スポンサーサイト



4分48秒で見る藤見の滝周辺整備

第2回雪入探険隊2日目は、藤見の滝入り口周辺の整備です。
所長が借りてきた刈り払い機・チェーンソーで道路沿いに野放図に生えた竹のジャングルを切り拓き、最終兵器(?)のチッパーで細かいチップにしていく、という作業です。

写真を撮る間も惜しんで作業していたので、撮影はrecoloに任せっぱなし(^_^;
では、午前中の部をご覧ください。(@10s・10f/s)
[広告] VPS

生憎の小雨交じりでしたが、ネイチャーセンターの所長と副所長、そして雪入友の会の久保田会長にもお手伝いいただき、総勢11人での作業でした。

午後からは晴れ間が広がり、やや汗ばむ陽気の中での作業でした。(@10s・5f/s)
[広告] VPS

それにしても、これだけの人数でかかれば竹藪もあっという間に駆逐できてしまう…のはよいのですが、チッパーが間に合わないのです(*_*)

ともあれ藤見の滝までは到達できませんでしたが、入り口周辺は驚くほど明るくきれいになりました(^_^)

第2回雪入探険隊初日・山桜ウォークコース研修と命名桜看板設置

昨日recoloで撮影した動画をアップしましたが、あらためて山桜ウォークのコース下見と命名桜看板設置の模様です。

8時30分という早い時間に招集をかけた……のは所長なんですが、探険隊への連絡はがきの差出人は私になってました。しかもそれが私にも届いてました(o・д・)
で、所長自身が「8時30分に集合だっけ?」と(^_^;

余談はともかく8名の隊員が集まり、副所長を含めた9人で、4月12日に開催される山桜ウォークのコースを下見がてら命名桜の看板を設置しに出発しました。
今年のコースは去年と逆回りで、雪入ネイチャーセンターから青年の家へ向かい、眺望コース・剣ヶ峰・あきば峠・銀名水コース・森林コース・三ツ石森林公園・ネイチャーセンターの順に回るコースです。

ネイチャーセンターを出発し、桜沢源流から途中拾光寺観音に寄りました。
IMG_4202_R.jpg
拾光寺観音の前には桜の大樹が4本もあり、今年はここも回ろうかと考えています。
IMG_4205_R.jpg

青年の家へ向かい、竜ヶ峯を経て眺望コースへ。このコースの途中には命名桜の一本、弁天桜があります。その名の通りちょっと色っぽい桜です(^_^;
IMG_4208_R.jpg

弁天桜の近くにある大きな樅の木。眺望コースをハイキングされる方は是非ご覧ください。
IMG_4210_R.jpg

さらにコースからちょっと入ったところで見つけた桜の巨木です。急な斜面の途中とさらにその上の稜線沿いに見つけたこの桜は、幹回りが3m以上あり、樹齢数百年( ̄□ ̄;)!!
IMG_4213_R.jpg IMG_4218_R.jpg
国定公園内の保護林なので一般の方の立ち入りは禁じられているのですが、コースからも見られます。
「『五百年桜の森』と名付けよう」と言ったら、「いっそ『千年桜の森』にしよう」と。初音ミクですか?

さらにコースを進み、剣ヶ峰へ向かう階段の途中にある2本目の命名桜、雪入翁桜の看板設置です。
IMG_4222_R.jpg


あちこち探険しながら歩いていたので剣ヶ峰に到着したのはお昼過ぎ。ここでお昼にしました。
剣ヶ峰からの眺めです。樹木を伐採したので眺望が良くなりました(^_^)
IMG_4229_R.jpg

昼食後、あきば峠からいったん林道を下り、銀命水へ。ここには3本目の命名桜、銀命桜があります。
IMG_4235_R.jpg
有名(?)な金命水の方には特筆すべき桜がないので残念なのですが。

さて、看板を設置ということで隊員には看板を立てるための杭を持って歩いてもらっていたのですが、実は桜の根元には昨年立てた杭がそのまま残っておりまして、せっかく持ってきた杭をそのまま持ち帰るのも癪なので、あきば峠に『筑波山ビューポイント』の看板用に一本、銀命水コースと石噛桜コースの分岐に案内板をと、建ててまいりました(^_^;
IMG_4241_R.jpg

銀命水コースから浅間山入り口へと向かい、浅間山には登らずに森林コースへ。山桜ウォークでも登りませんし(^_^;
そして森林コース途中にある本日最後の命名桜、美肌桜の看板を設置して任務終了。
IMG_4245_R.jpg

美肌桜の前で全員そろっての記念撮影……隊長は写ってませんが( ̄。 ̄;)
IMG_4248_R.jpg

この後は三ツ石森林公園まで下り、途中先日開発した藤見の滝稜線コースを歩いてネイチャーセンターへと戻りました。

ところで今日歩いたコース、私自身は何度も歩いて慣れた道…なんですが、少々体調を崩しておりまして食事がとれず、朝昼共に菓子パン一個でした。
おかげで三ツ石森林公園へ着く頃には体が燃料切れを起こしたのか足が攣りまして、幸い自販機でコーラを買って炭水化物と糖分を補給できたわけですが、ハイキングをされる方は食事と水分補給はしっかりしましょうね。

忙しい人のための2分2秒でわかる雪入山?

[広告] VPS

今日は雪入探険隊第2回1日目でした。
4月12日に開催される第2回山桜ウォークのコース下見を兼ね、去年募集した命名桜の看板取り付け作業をしてきました。
その様子をrecoloで撮影したんですが、スタートから眺望コースまでの間、スイッチを入れ忘れていたようです。

というわけで、眺望コースからネイチャーセンターまでの間を撮影した分のみです。

探険隊事始め

お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。
探険隊長も一応人の子ということで、初詣や実家に行って甥っ子にお年玉を毟り取られたりとか挨拶だとかお餅食べたりおせち食べたり酒を飲んだりと、人並みの正月を過ごしました。こたつがないのでこたつでミカンはできませんでしたがミカンは食べました。

さて、そんな弛みきった正月ぼけの体に鞭を打つかのように、三が日明けの4日、山道具を携えて藤見の滝へと向かいました。
復活させた藤見の滝コースのすぐ脇にある支稜の稜線に「道を作れないか?」という所長の一言に反応したといいましょうか、どうもこのところ激しい藪漕ぎをしてないなあ、とか考えていたとかいないとか、まあその辺はおいといて。
せっかく命名したくなるような巨石群もあるわけですし、新しい見所になるかもしれないなあ、などと思いながら吶喊した次第です。

IMG_9660_R.jpg IMG_9661_R.jpg

現地に到着し、がしがしと藪漕ぎを始めたところに雪入探険隊副長宮田さんが応援に来てくれて二人でがしがしと藪漕ぎ。
背丈を遙かに超えるアズマネザサにクズや藤の蔓が乗り越し、さらにはノイバラの深い藪など手応え十分。鎌、鉈、ノコギリ、鋏を総動員し、藪の中でも切り拓きやすそうなポイントから徐々に道を広げてつけていきます。

IMG_9663_R.jpg

IMG_9664_R.jpg

IMG_9665_R.jpg

途中、ドドドドっという地響きがすぐそばでしたので、まさか落石? と少々びびったところ、塒を鎌で刺激された猪が驚いて逃げた音でした。

ほんの50mほどの短い距離を、一日かけてようやく林道まで開通させられました。
七曲りの次のカーブのとこで、道路から入ったところは少し平場になってました。展望もなかなか良く、八曲り平とでも名前をつけようかしら(^_^;

明けて今日5日、ネイチャーセンターは今日から仕事始めでしてスタッフ全員が来館しています。
もちろん隊長としては挨拶に行くわけですが、実は刈払い機を借りに行ったのでした(^_^;

昨日荒く刈った八曲り平をがっつりと刈り払い、つけた道をきれいにするのが今日の予定でした。
IMG_9673_R.jpg
平と言っても必ず急斜面が縁にあるわけで、活用するためにはまずその縁をきちんと見えるようにしておかないと危険です。
なので足元を刈払い機できれいに刈払いながら、斜面へ下りていくと……

IMG_9684_R.jpg
猪の塒でした( ̄□ ̄;)!!
猪君には申し訳ないが、なかなかに良い具合なのでここはこのままコースにしてしまおう、と刈払い機でばりばり刈り払っていきます(鬼や)
そこへ、今日は寝坊した(?)副長が到着。
副長には平場を広げてもらい、私は引き続き猪の塒と通路をばりばりと刈り払っていきます。
刈払い機で作業するときはお互いに距離を置かないと危険ですからね( ̄ー ̄)

午後から副長がネイチャーセンターの所長に拉致(?)される事態もありましたが、何とか昨日つけた道に今日上からつけていった新たな道を接続することができ、歩きやすいコースができました。
IMG_9687_R.jpg IMG_9688_R.jpg IMG_9689_R.jpg

IMG_9691_R.jpg IMG_9692_R.jpg

八曲り平から藤見の滝まで5分です。道を作るのは二人がかりで二日かかったのにね(^_^;
IMG_9693_R.jpg

IMG_9685_R.jpg
八曲り平からの眺望

IMG_9701_R.jpg

というわけで、今年の探険隊事始めでした(*^_^*)

 | ホーム |  次のページ»»