FC2ブログ

雪入清掃作戦~みっしょんいんぽっしぶる~

来月12日に開催される雪入山桜ウォークに先駆け、コースの清掃を行いました。
探険隊のメンバーはむろん、雪入友の会や県立中央青年の家、地元住民の方々にもお手伝いいただいての総勢17人という(雪入としてはまだ)大がかりな清掃作戦です。
それというのも雪入山は舗装された林道が整備されてまして、それが徒となって不法投棄をする不逞な輩が後を絶たないのです。しかも夜中にダンプでやってきて林道から谷底へ捨てるという、まさに人としての何かを失った……というより初めから持っていないのかもしれませんが、そういう暴挙を平気でやれる人がいるわけでして、それらのゴミをなんとかしようということで今回の作戦に至りました。

DSC_0054_R.jpg DSC_0079_R.jpg
道路から谷底へ投棄されたゴミの山。一般ゴミだけでなく産業廃棄物もかなり混じってます。よく見れば大手ゼネコンの名前が入ったコンテナ……(・0・)
下請け業者がやったのだとしても無関係だとは言い切れないでしょう。企業としてのモラルが問われますね。
あまりにも粗大ゴミが多すぎるので手作業で上げるのを断念しました。

DSC_0080_R.jpg
それでも上げられるものだけ袋に詰めて道路まで引き上げました。

DSC_0095_R.jpg DSC_0099_R.jpg
午前中で終わらせる予定でしたが、あまりのゴミの多さに何とかめどがついたのは15時でした。

ゴミさえなければきれいな山で、地権者さんの了承を得られれば遊歩道的なものも作れそうな感触でした。それだけに不法投棄には憤りを禁じ得ません。

DSC_0115_R.jpg
引き揚げたゴミを前に記念写真……こんな記念写真は悲しいですが(´・ω・`)

なお、来月12日に開催される雪入山桜ウォークは、まだ定員まで余裕があります。
今年は10km程度の尾根コースと、5km程度の里コースの2コースあります。
お申し込みは雪入ふれあいの里ネイチャーセンターまでお早めに(^_^)
スポンサーサイト



野鳥観察撮影会

3月は年度末に加え、先月降った雪の影響で工期が詰まり、全く休みが取れずに探険隊の活動にも参加できない名ばかり隊長でした。
で、本日は叶内拓哉プロカメラマンによる野鳥観察と撮影会が開催されるということで、雪入の野鳥の勉強を兼ね、仕事を休んで参加してきました。まあ休んで、といっても明日に仕事を振り替えただけなんですが(´・ω・`)
ともあれ興和光学のスポンサードによるプロカメラマンの濃密な観察&撮影会ですし、写真が趣味でもありまして、興和のプロミナー500/5.6FLをお借りできるとなると、そりゃもう仕事を休んででも参加したくもなるわけです。

詳しくは本家(?)ブログにアップされていますので、一参加者としての感想などを。

さて、探険隊長という肩書きこそ預かってはおりますが、前にも書きましたとおり藪漕ぎとルートファインディング以外はからきし知識がないという名ばかり隊長でありまして、この際少しでも雪入に訪れる野鳥を覚えようかと、さらに野鳥撮影のスキルも身につけようという思惑で、地元の野鳥愛好家に混じってまずは観察会。
興和光学さんから最高級双眼鏡をお借りしたのですが、これがもう見やすいのなんのって。是非とも欲しいと思ったんですが値段を聞いて……(´д`)いやはや良いものはやはり良いお値段です。
とはいえ自分がいつも持ち歩いているオリンパスのやっすい双眼鏡は従来通り車に常備するとして、ちゃんとした双眼鏡も買おうかな、と思いました。何しろ見え方が全然違いますから。

すっきりと晴れ渡った杉花粉が若干舞う中、叶内プロの解説を受けながら風の池へ行き、マガモやコガモなどを撮影。
今年は冬鳥が少ないと仰ったように、昨年とは打って変わって静かな山です。昨年はそれこそ野鳥の楽園かと思うくらい飛び交っていたものですが。
それでもジョウビタキやミヤマホオジロやアオジがハイキングコース上に顔を出したり、ノスリやハイタカやオオタカ、トビなどの猛禽類が頭上を飛んでいたりとなかなかの顔ぶれでありました。
001.jpg IMG_4339_R.jpg
APS-Cサイズの一眼レフにTAMRON SP70-300/4-5.6で撮りました。1枚目のハイタカはトリミングしています(^_^;

IMG_4344_R.jpg
APS-Cサイズに300mmではこれが限界(´・ω・`)

午後からは撮影講習です。
興和光学さんが用意してくれたプロミナー500/5.6FLに、各自持参したカメラを取りつけての撮影。
叶内プロによるアドバイスを受けているうちに、駐車場の梅の木にジョウビタキが格好のモデルとして登場。叶内プロからアドバイスを受けつつみんなで撮影しました。
私もレンズを借り受け、三脚から外して手持ちでの撮影を敢行しました。やはりこう、自分の足で構図を決める習性といいますか癖といいますか待つのが苦手といいますか、撮影は機動力(`・ω・´)b
IMG_4447_R.jpg IMG_4408_R.jpg
IMG_4508_R.jpg IMG_4598_R.jpg
せっかくだからすぐ近くに来たスズメとハシブトカラスにも被写体になってもらいましたが。

このレンズ、純正の500/4等と比べてとても軽く、一般的な体力の男性なら手持ちでの撮影も可能です。
7群7枚というシンプルなレンズ構成でありながら蛍石レンズを使うなど画質は良く、切れも抜けも良いです。……まあ私ごときの撮影データではあんまり説得力がないような気もしますが(^_^;
興和って若い人にはなじみがない名前かもしれませんが、昔はカメラを作っていたれっきとした光学メーカーなのです。
特に中判サイズのコーワシックスは未だに評価の高い名機で、プロミナーはその当時からレンズの銘として使われていました。
……なんていうカメラの蘊蓄はおいときまして、今回お借りしたプロミナー500/5.6FLは本格的に野鳥撮影をされる方にはオススメの一本です。マウントアダプターで各メーカーのカメラにつけられるのも良いですし、スポッティングスコープとして使えるのもGOOD(^-^)g""

いや別に興和さんから何かもらったわけではないのですが(^_^;もらえるならレンズが欲しい。双眼鏡でも(^_^;

撮影の後はネイチャーセンターのシアターホールで叶内プロの撮影された写真を見ながら、撮影技法の解説をしていただきました。
さらには叶内プロの執筆された著書の即売。もちろんサイン入りです。
私も「野鳥写真の撮り方」という本を購入しました(^_^)
これまでは風景やスナップ、ポートレイトを主に撮ってましたが、これからは鳥も撮ります。探険の合間にでも(^_^;

雪の雪入

気象庁の発表によると13年ぶりの大雪だったそうです。
当然本業は休みなので……ていうか、日曜日でした。
自宅前は30cmの積雪でした。そして県道も同じ積雪量で除雪もされていませんでしたが、私の車は四駆の軽トラでスタッドレスを履いた無敵仕様(?)ですのでカメラを携えて雪入山に向かったわけです。

IMG_4280_R.jpg

上佐谷辺りからの雪入山。なかなかの山でしょ(^_^)

上佐谷林道からネイチャーセンターへ向かうのですが、山だけあって平地よりも雪が深く、いかなスタッドレスを履いた四駆の軽トラといえどもハンドルを取られます。まあタイヤ径が絶対的に小さいってのと軽さによるトラクション不足なんですけどね。

かぶとむしコースの入り口に軽トラを停めて、カメラを抱えて藤見の滝へ向かいました。
IMG_4285_R.jpg IMG_4286_R.jpg
雪深い( ̄□ ̄;)!!防寒靴がずっぽりと埋まってしまいます。
かぶとむしコースから藤見の滝へ向かうと、想像通り……いや、想像以上に雪が(゜Д゜)
IMG_4289_R.jpg IMG_4294_R.jpg
あまりにも雪がすごくて滝だかなんだかわかりませんね(´・ω・`)
滝周辺ではウラジロガシや杉の枝や幹が雪の重みで折れて倒れ、えらいこっちゃになってました。
雪が溶けたらまた枝打ちや伐採をしないとせっかく作ったコースが歩けません。ていうか、ハイキングコースも一通り点検する必要があります(´д`)

IMG_4308_R.jpg
七曲りから見た藤見の滝前の道路。先日の整備動画と見比べて見てください。

撮影を終えて軽トラに戻る道すがら、害獣(猪)駆除の猟友会のかたとすれ違いました。この大雪だと猪も足を取られて逃げ足が遅くなるのだそうです。……荷台には立派な猪が(゜Д゜)

ネイチャーセンターへ向かうと所長が出勤してきていて、雪かきを……一人でやるのは無理。
他の職員さんは、今日は利用客もいない……というより登ってこられないだろうとのことで、所長が市役所に掛け合ってお休みにしたそうで、とりあえず二人でできることを……まあ雪かきですが……をちょっとだけやってみました。
IMG_4310_R.jpg IMG_4322_R.jpg
角スコップがすっぽり埋まる=40cmはあるというわけで(´・ω・`)
雪かきしきれるはずもなく、いつの間にか……
IMG_4325_R.jpg
かまくら作っちゃいました(^_^;

しばらくの間は舗装林道もハイキングコースも積雪と凍結の恐れがありますので、来られる方はご安全に(^_^)ノ
IMG_4319_R.jpg

雪入の雲海

月曜日の夜半から未明にかけて茨城県に降った雨は朝方にはあがり、ついでに気温も上がりました。

ってことは、つまり霧が発生しやすい気象条件でして。

今日は絶対見られる!
という確信の下、いつもより早く家を出て会社に向かう途中雪入に登りました。


予想通り雲海キタ━━━━ヽ(・∀・)ノ━━━━!!!!a0008.jpg

こういうのが見られるのだから、雪入通いがやめられないのです(;・∀・)
まあ、通勤途中にあるってのもよいのですが(・∀・)b
a0006.jpg

アイソン彗星接近中?

00009.jpg
前日は雨。そして夜の間に雨は上がり、この日は朝から快晴。

────となれば、ひょっとすると雲海が見られるかも(・∀・)

と、いつもより一時間早く家を出て、出勤途中にカメラを携えて三ツ石森林公園へ向かいました。
すると駐車場に車が何台も停まってて、森の家のテラスには望遠レンズをつけたカメラを三脚に据えたカメラマンが数人Σ(゚Д゚;o)
私の他にもここから雲海を撮ろうという酔狂な方がいるのかしらん、と思って一人の方に聞いてみたところ、アイソン彗星を撮影していたとのことでした。
すでにニュースでも流れてますからご存じの方も多いと思いますが、今年の冬、11月中旬から12月初旬まで、アイソン彗星が太陽に接近し、しかも観測のチャンスなのだそうです。
さらに加えるならアイソン彗星の観測は唯一無二。つまり今後二度と見ることはできない……のだそうでして。
雪入は東に開けているのでアイソン彗星を観測するにはちょうど良いのだそうです。
もちろん私もアイソン彗星を撮影……って、時間遅いよ(´・3・`) ていうか、望遠レンズ持ってきてないよ(´・3・`)

雲海を撮るつもりだったから広角しか持ってきてません。


────まあ、まだチャンスはあるでしょう。

00010.jpg 00011.jpg
こちらはネイチャーセンターからの雲海。
カラスも写ってます。

 | ホーム |  次のページ»»