FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密基地からの初日の出

明けましておめでとうございます。
本年も雪入山と雪入探険隊をよろしくお願いいたします。

さて、開けてから早5日ですが、今年の元旦はネイチャーセンターを特別臨時開館して、初日の出を見ようという企画が催されました。

探険隊長としましてもこんな面白そうな企画に乗らないはずはなく、私個人の元朝詣りを済ませてから雪入山に向かい、金命水の初汲み水を汲んでネイチャーセンターへ向かいました。
初汲み金命水で淹れたコーヒーを頒布する、という企画もありましたのでそのための水です。
午前3時にネイチャーセンターに到着し、所長と副所長と、汲んできた金命水を煮沸しながら午前5時の開館を待ちました。

午前4時過ぎにコーヒーを淹れてくれるスタッフが来館し、5時近くなるとお客様もちらほらとご来館。

ここで探険隊長の血が騒ぎ始めます。

実は昨年の1月1日は、元朝詣りを済ませた後にテントを担いで雪入の自然観察池にある展望台へと行って、そこでご来光を待っていたのです。
ちなみにこの展望台からは伸びた木々の枝が邪魔ですっきりとしたご来光は望めませんでした。

で、今年はというと、やっぱ秘密基地でしょ。

稼動時期を含めておそらくはまだ誰も秘密基地から初日の出を見た人はいないであろうと思うと、これはもう行くしかないでしょう。
ネイチャーセンターより30mほど高く、三ツ石森林公園の森の家より西寄りに位置する秘密基地からは、馬蹄形に伸びる山裾に囲まれた雪入集落のほぼど真ん中から初日の出が上がります。そして遮るものはなにもありません。

というわけで、カメラと三脚を携え、ヘッドライトを点して暗闇の中秘密基地まで行きました。

IMG_3810_R.jpg
寒いですが、秘密基地の塔屋には防寒グッズが隠してあったりしてます(^_^;
カメラを設置してアルミシートに包まって日の出を待ちます。

IMG_3808_R.jpg IMG_3805_R.jpg

秘密基地からは林道が見えるのですが、初日の出を見に来たお客様の車が続々と上がってきていました。
ネイチャーセンターに帰ってから副所長に伺ったところ、駐車場がいっぱいになったそうです( ̄□ ̄;)!!

そして6時45分、いよいよ初日の出\(^O^)/
IMG_3844_R.jpg

IMG_3859_R.jpg

IMG_3866_R.jpg

秘密基地で一人で迎えるご来光に感動しました(*^_^*)

ネイチャーセンターでの初日の出開館は来年も開催されますので、是非お越しくださいね。
スポンサーサイト

草刈りついで

雪入は自宅と会社のちょうど中間地点にありまして、通勤路の途中でもあります。
そういう立地条件なので、仕事が早く終わった時などついつい用事もないのに立ち寄ってしまいます(^_^;

今日もそのような経緯で夕方に立ち寄ったところ、職員さんがネイチャーセンターの周りの草刈りをしてましたので、及ばずながらお手伝い。

とかいいつつ、何故か草を刈りながら道を作ってしまいまして、気がつけば、おやこんなところに構造物が、と( ̄▽ ̄;)





ケータイのカメラなので画質がわるいのですが( ̄▽ ̄;)

昔採石場だった頃に石を砕いて下ろした施設らしいのですが、なかなかしっかりした造りで眺めも良いです。

というわけで、秘密基地2号基地として活用……できたらいいですね(^_^;

一ヶ月ぶりの秘密基地

こんな風にブログを始めたのは良いのですが、実はこの一ヶ月ほど秘密基地へは足を運んでいませんでした(^_^;
理由は……暑かったから(>.<)

まあネイチャーセンターへはまめに来ていたんですけどね。イベントのお手伝いとかもありましたし。

ともあれ、ブログを始めたのに秘密基地を放置しておく訳にはいかないので、草刈りに行ってきました。

山に入るときの装備です
DSCF0359_R.jpg

今年の一月に初めてたどり着いてからは、一ヶ月に2回程度、おおむね二週に一度くらいのペースで草刈りをして道を確保していたのですが、さすがに真夏に一月放置すると草に覆われてしまいます。
とはいえ、初めて道を切り開いたときにはニワトコなどの小灌木や野茨や山藤など木質化するつる性植物で覆われていたのですが、一度開墾した後は葛や露草などの柔らかい草が地表を覆い、最初の時に比べれば草刈りは楽です。

そして案の定、秘密基地も草で覆われてしまってました(^_^;
DSCF0368_R.jpg

鎌を振るってきれいにします。
DSCF0372_R.jpg

据え付けたハシゴです。
DSCF0374_R.jpg

一階部分の内部と眺め。
DSCF0369_R.jpg DSCF0371_R.jpg

屋上からの眺めです。今日はちょっと残念な天気でしたが雪入を一望できます(^_^)
DSCF0375_R.jpg DSCF0376_R.jpg

屋上でしばらく休憩してから、秘密基地のさらに奥にある池へ向かいます。
ネイチャーセンターの上にある池同様、採石採掘の時に掘った穴に水が溜まっただけの池ですが、今日はカルガモが10羽ほどいました。
私の足音で慌てて逃げてしまいましたが(>.<)
DSCF0377_R.jpg

小一時間ほど草刈りをしてネイチャーセンターに戻った後は、鎌の手入れです。
今回は柔らかい草や蔓ばかりだったので大きな刃こぼれはありませんでしたが、それでも次に使うときのためにきれいに研いでおきます。
DSCF0379_R.jpg DSCF0381_R.jpg DSCF0382_R.jpg

道具のお手入れまでが作業です。
刃物研ぎをしたことがないという方も、是非ここで覚えてみてください。
一度覚えておくと、家で包丁を研げるようになったりしていろいろ便利ですよ(^_^)



秘密基地でコーヒーを

秘密基地……子供の頃、原っぱに生えたセイタカアワダチソウを刈り取って作ったり、林の中で枝を集めて作ったりして遊んだものです。
その記憶がよみがえった感じなんですよ、この建物に来ると。

DSC01712_R.jpg IMGP8076.jpg

もともと採石場だった頃、山肌に仕掛けたダイナマイトを爆破するための作業小屋だったらしいのですが、ここに至る道はなく、藪をこぎ道なき道を上ってたどり着くというのが、どことなく秘密基地めいていると思いませんか?(^_^;

建物の周りの藪を払い、ハシゴを作って屋上に上がってみたらそれはもうすばらしい景色\(^O^)/
DSC01541_R.jpg

そしてここで飲むコーヒーがまた美味しいのです(^-^)g""
DSC01548_R.jpg DSC01552_R.jpg

探検隊に入って美味しいコーヒーを飲みましょう(^_^)

秘密基地のこと

雪入の入会(いりあい)地(共同所有地)に昭和43年(1968)相次いで二社により二つの砕石場が操業を始め、その後昭和54年(1979)に中止し た。操業停止後、入会地に返還され、土砂災害を防止の目的で、砕石場跡地の緑化や砂防ダムの建設が行われた。雪入山資料室より抜粋)

雪入山を見上げると、ネイチャーセンターとその上にある巨大な堤防のような採石場跡の施設が見えますが、そこから右手の方、山の中腹あたりに小さな建物があるのがわかるでしょうか。
IMGP7933.jpg

前々から気になっていたんです。建物は見えるけどそこに行く道が見当たらず……と。

そこでネイチャーセンターの所長さんに行ってみてもよいかと尋ねてみたところ、快諾されまして、鎌と鉈を携えて藪をこぎながら探し当てました。それが今年の一月。
imgCAEIMGXM.jpg

1979年の創業停止後、害獣駆除の狩猟関係者くらいしか来なかったらしく、道らしい道は全くありませんでした。
ネイチャーセンターでいただいた公園の管理区域地図とコンパスを頼りに道を切り開いたのですが、蔓系のツタや葛、野バラ、こんもりと茂ったニワトコの木の枝が行く手を阻み、建物にたどり着くまで半日かかりました。

建物はコンクリートブロック造のしっかりしたもので、長年の風雨で窓ガラスは全て割れてなくなってましたが雨風はしのげる様子でした。
人が来ないため藪で覆い尽くされ、あたりは猪が掘ったらしい穴が無数にありました。

管理地図によると、この建物のあるエリアも雪入ふれあいの里公園の区域内だそうで、整備すれば自然観察には良いかもしれません。何しろ四半世紀もの間、人の手が入らなかったところですから、もしかしたら新しい発見もできるかもしれませんね。

というわけで、月に1~2回、道を拓き藪を切り開いて、少しは歩きやすくなりました。
初めて行ったときには半日以上かかった道も、今ではネイチャーセンターから歩いて15分くらいです(^0^;)

行ってみたい方は、ネイチャーセンターに声をかけてください。
私はたいてい日曜日には来所してます。




 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。